マンションの騒音問題。

マンション管理士事務所

マンション管理士河野事務所

【 KOHNO OFFICE 】

Home当事務所のご紹介実践知識実践資料集マンション管理のご相談マンション生活のご相談

マンションの騒音問題.

 増刊号は、マンションの騒音問題についてお届けします。

 普段は、みなさん近隣に気を使われて、近隣のご迷惑になる音は出さないように
 心がけている方が多いかと思います。
 
 それゆえに、自分のマンションが本当はどのくらい生活騒音(日常生活で発生
 する音)が伝わるか、なかなかわからなかったりすることがあります。

 自分のマンションは遮音性能が良いと思っていても、実は、それはマンション
 の遮音性能が良いからではなく、ご近隣が生活騒音に対して気を使われていた
 からこそ、音が響いてこなかっただけで、本来は自分が思っているほど遮音性能
 が高いマンションではないかもしれません。
 逆にご自身は、遮音性能が良いマンションだと思って、生活騒音に配慮が足りなく、
 ご近隣にご迷惑をかけているかもしれません。

 それがわかる良い機会が、GWなのです。
 ご家庭によっては、親戚等を招いて、普段マンションにいない人が来客し、お酒が入り、
 夜遅くまでしゃべったり、騒いだりすることがあるからです。
 それも連休の開放感から、音に対してのご近隣への配慮を忘れがちになるために、
 気を使わないで生活してしまうためです。

 それによって、例えば夜10時頃にお隣のしゃべり声がしたり、結構な大声で
 笑い声がしたり、上階でばたばたと子供が走り回る音がすることもあり、
 そこで気づくのです。
 「あー、うちのマンションてこんなに音が伝わるんだあ」と。
 壁に耳をあてればもっとよく聞こえるでしょう。

 専門的にいえば、マンションの音の遮音性能は上下階の床の伝播音は、
 L−45など「L値」が使われ、数値が低いほど遮音性能が高いことになります。
 現状ではL−40もあれば最上級の遮音性能で、日常生活にはほとんど
 気をつかわなくて良いレベルの遮音性能です。
 ただし、一般的なマンションで多いのは、L−45〜50くらいで音に関しては
 気をつかう必要があるのが実状です。

 また、お隣さんとの音の伝播の遮蔽の性能は、空気伝播音遮蔽性能として、
 一般的にはD−45など「D値」が使われます。こちらは数値が高いほど性能が
 高く「D−55」であれば、日常生活の音には、それほど気にしなくて良い
 レベルの遮蔽性能です。

 ただし、マンション販売時は「L値」は記載は多くのデベロッパーがしていますが、
 「D値」の記載はあまり見かけません。

 なお、それら「L値」や「D値」の性能は、設計に基づいて、きちんと施工されていれば
 の話なので、きちんと施工されていなければその性能は落ちること
 になります。

 話は少し難しくなりましたが、このGW中に、人の心が緩み、来訪者も増える
 ことにより、騒音の発生を感じることで、本来のマンションの遮音性能が
 わかるだけでなく、遮音性能が高いマンションだと思っていて騒音に無頓着に
 なっていらっしゃった方は、今後の生活においては音に気をつける必要があるとの
 認識をされる良い機会になるかと思います。

 困るのは普段から騒音を出しているご家庭があって、このGWの来客により、
 ますます騒音が激しくなった場合ですね。

 生活騒音はどこまで許されるか法的な数値の決まりはなく、裁判所で判断する
 「受認限度」というくくりで判断されます。
 つまり、通常人がどこまで我慢できるかということなのですが、客観的な判断
 がしにくく、一般的には受認限度を越えているとは、判断されにくいのが実状
 です。

 それでも、うるさいものはうるさいので、騒音発生状況を客観的に把握し、騒
 音発生者に、喧嘩にならないような形からアプローチして、最終的に騒音を
 止めてゆくことが騒音解決の道になります。

 そのデリケートで難易度の高い仕事が、プロフェッショナルである当事務所の
 仕事ですが、解決された時のご依頼者様のお喜びいただく姿にやりがいを
 見いだしております。

(2005年発行)
「マンション管理・マンション生活の実践講座」のバックナンバー一覧

マンション管理士河野事務所 HOME     

【毎日新聞から取材されました】
マンション管理
毎日新聞から取材を受けて、平成25年9月26日付の夕刊の第1面に当事務所代表のコメントが掲載されました。

【フジテレビで紹介されました】
マンション管理
マンション管理 足立区
フジテレビの朝の情報番組の「とくダネ!」から取材を受け、平成26年3月26日、離婚に伴う法律とマンションなどの問題について、当事務所代表の話が紹介されました。
-----------------------------------------
フジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」から、平成25年10月25日に取材を受けました。

【日本テレビから出演依頼を受けました】
行政書士 足立区
日本テレビの日曜報道番組の「真相報道バンキシャ!」から、法律問題について行政書士として、平成25年12月1日のテレビ出演の依頼を受けました。(事件発生のため番組差替)

【藤崎奈々子さんと対談しました】
タレントの藤崎奈々子さんが当事務所へ来訪され、マンションの管理や騒音問題などの対談を行いました。

【FMラジオ番組に生出演しました】
FM江戸川に生出演し、マンション管理問題や騒音問題、マンション管理士の仕事について紹介しました。

【プロフィール】
約10年間の大手財閥系マンション管理会社でのフロントマネージャーと事業開発担当(管理会社のリプレイス営業)を経て、マンション管理士河野事務所を開設。
(第1回(平成13年度)マンション管理士試験合格)
新行政書士試験を経て(平成22年度試験合格)、ペガサス法務事務所を併設(第1回(平成27年度)特定行政書士の考査合格で特定行政書士事務所に)。
成蹊大学 法学部 法律学科 卒。
元 東京都マンション管理士会研修部次長。
元 足立区役所行政書士区民相談員。
国交省支援のマンション管理セミナーでの講演会・相談会、首都圏マンション管理士会、東京都マンション管理士会、各種勉強会などでの講師・相談員なども遂行。
マンションの管理・生活・購入・投資などマンション問題全般に幅広く対応中。

【資格】
マンション管理士、行政書士、管理業務主任者、区分所有管理士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格

マンション管理士河野事務所への
  ご相談窓口
    「実践!マンション管理相談」
   「実践!マンション生活相談」
   「実践!マンション購入相談」
   「実践!マンション投資相談」
マンション管理士河野事務所
東京都 足立区 西新井 3丁目16番 5号
TEL 03 - 5856 - 8205  FAX 03 - 5856 - 8206
大変申し訳ございませんが、現在業務の都合により、お電話でのご相談をお受けしておりませんので、上記フォームをご利用ください。

マンション管理士河野事務所への
  業務のお問合せ・ご連絡

マンション管理士河野事務所の
  ご紹介と実績

マンション管理士河野事務所への
  ご相談事例
  マンション管理のご相談事例
  マンション生活のご相談事例
  マンション購入のご相談事例
  マンション投資のご相談事例

「適正なマンション管理とは?」
  マンション管理士河野事務所が示す
  適正なマンション管理がわかる
  資料・法令集

マンション管理士河野事務所のメルマガ
  マンション管理・マンション生活の実践講座

リンク集
相互リンク集

マンション管理・マンション生活の実践講座
(無料)

理事会出席600回以上、総会出席150回以上の実践派 マンション管理士がマンション管理・マンション生活の問題について お伝えします。
バックナンバー一覧   まぐまぐ


マンション管理士河野事務所借用書ホットライン!

マンションの騒音問題について